· 

2021.5.29 子育て支援事業

毎月第三土曜日に開催されるこの事業は、

 ☆親子で、のびのびたっぷり遊んでほしい

 ☆子ども同士の関わりも生まれますように

そんな願いがこめられた場です。

園の先生方も、

福島SAND‐STORYも、

子どもたちが

『やりたい♪』を存分に叶えられるよう、

その子のペースを大切にした関わりを

していきたいと考えています。

グイグイと

大人主導で『のせる』ことではなく、

その子の思いに添いながら環境づくりをし

一緒に遊びます。

   子どもが夢中でイキイキと遊び込む姿は、お母さんを幸せな解放感で 包んでくれます。

そんなゆったりとした安心感の中で、

お母さんにもぜひ遊んでいってもらえたら♡

と願っています。

🟢やりたい♪がいっぱい

    2 歳児Aちゃん。

ママと一緒に、

ずらりと並んだ道具のかごの前に立ちました。

キレイな色、

さまざまな形に息をのんでいます。

ワクワクが~静かに♪熱く♪

どんどん満ちていっているのが分かります

 「これはどうかな♪」

ママがきっかけづくりをしてくれます。

Aちゃんも自分なりにチョイス。

さあ、いよいよスタートです!

   コーンスープ・玉子焼き・ケーキ~

「○○はこのくらい~♪

 まぜて~♪ ぐるぐる~♪」

「これも入れますか♡」

ママが、

Aちゃんの『やりたい』に

ゆったりと添ってくれます。

まるで、

料理番組のアシスタントのようです。

小さな料理人は

片時も手を休めることなく、真剣そのもの!

もはやワクワクの塊です☆

   ママにお話を伺いました。

 ~ああ、やっぱりそうなんですね!!

Aちゃんは、

お家でもお手伝いをしているとのこと。

ママはお菓子もお作りに なるとのこと。

Aちゃんも一緒に、

クッキーの型抜きをしたりするそうです。

『お手伝いの原動力』は、

何と言っても『ママ大好き』

『いつもママのそばにいたい』

なんでしょうね♡

作業の間じゅう飛び出す

Aちゃんの言葉や表現に、

お家でのママとのやりとりが

目に浮かぶようでした♡

  『ひらめき』が湧き上がるたび、

道具が増えていきます。

じょうろの扱いも、

水が少量になると持つ部分を変え、

狙いを定めます。

足やお洋服に引っかかり、

一瞬ハッというお顔にもなりますが、

すぐに再開♪

ママもニコニコ見守っています。

 Aちゃんの思いがいっぱいつまった

『ママのお誕生会』が出来ました☆☆☆

🟢ま~ぜ~て♪

 Bちゃんとママが仲間入りしました。

 ちょっぴり緊張気味のBちゃん。

 「ほら☆みて~♡」

ママがアンパンマン作りにトライ♪

 Bちゃんの最初の『やってみたい♪』は、

水でした☆

『すくっては入れて~』

がON♪になりました。

スーッと落ちる感じ♪

水面でシャッとはねる感じ♪

茶色に変化していく感じ♪

一つ一つを確かめるように集中!!

 Bちゃと同じ動きをしてみました。

時折、チラッチラッと目が合います♪

🟢お友だち…

    気になってきました♪

 先生が作ってくれたドキンちゃんに

吸い寄せられました。

 「ドキンちゃ~ん♡♡♡」

 Bちゃん、持っていたおもちゃ

(なんと!

 アンパンマンとドキンちゃん!!)

で階段を登り始めました。

 「よいしょ♪ よいしょ♪」

 視覚的な

 「えっ!」

 「なに?」

 「うわあ♪」

が、子どもたちの距離を縮めてくれました☆

🟢おもしろい♪を共有

 先生が素敵なアイテムをセットしてくれました。

 新たな”水の扉”が開けました。

 ママと一緒に狙いを定めたり、

   ママの流す水を目で追ったり~

   『砂に触れる』

   ↓

 『砂で遊ぶ』

   ↓

 『自然物を取り入れる』

   ↓

 『水を取り入れる』

をたっぷり味わった前半の活動が、

Aちゃん・Bちゃんを

アクティブな世界へ

スーッといざなってくれました。

 二人は、2歳児さんです。

先生が、

流れ落ちる先に穴を掘ってくれました。

『流れ落ちる』から

『たまる』が生まれました。

Aちゃん・Bちゃんの『やりたい♪』が、

ますます高まっていきました♪♪♪

 花びらも投入しました♪

 「それ~☆」

 「ま~ぜ~て♪」

先生が、花びらを擬人化。

Aちゃん・Bちゃん、

『お客さん』(置かれた一枚)

に水を当てます。

ツツ~と滑り落ちていくのを見届けては

ニッコリ☆

この頃にはもう、

お洋服が濡れてもなんのその!

とにかく面白くてたまりません♪♪♪ 

 ママたちや先生たちも、

 「バラ風呂みたいですね~☆」

子どもたちのキラキラした顔、

夢中で遊び込む姿に

大人の心もエステ気分でした☆

🟢またねー♡♡♡

 AちゃんとBちゃん。

帰りたくなくなってしまいました。

 次に会える日がきた時、

二人はもう

『はじめまして』

ではありませんね♡♡♡

イラスト:Miho OTANI
イラスト:Miho OTANI

「砂」 によって、ふくしまの復興促進と、

日本全国の子育ち・子育て環境を豊かにしていく Story を、

一緒に紡ぎ、語りませんか。

 

なぜ、「砂」なの?

「砂」で、そんなことができるの?

 

是非、この Story を、お読み下さい。

 

すぐに 「砂」 の魅力に引き込まれ、

「砂」に触れたくなるでしょう。

 

そして、ほら!

もう Story の 次の 1ページが開かれます。

 

FUKUSHIMA-SAND-STORY