「すぎなみフェスタ」 にてサンドアート開催

2016年11月6日(日)、東京都杉並区 「桃井原っぱ公園」 で開催された 「すぎなみフェスタ」 にて、福島SAND-STORYがデザインする 「つくって遊ぼうサンドアート」 が大好評を得ました。

この事業は、今後、杉並区が設置を予定している 「ビーチバレー・コート」 のオリンピックレガシーに向けた活用の1つとして、杉並区スポーツ振興課の皆さんと一緒に福島SAND-STORYの砂場プログラムを提案したものです。

朝からひっきりなしに大勢の子どもたちや親子が会場を訪れ、ホワイトサンドやサラサラの心地よい砂の感触を味わいながら砂遊びを楽しみました。

会場を訪れた皆さんが、砂場は幼い子どもだけでなく小中学生や大人までをも惹きつけることを目の当たりにして、改めて砂遊びの魅力を感じてくれました。

 

これまで福島から活動を発信してきましたが、このような形でその発信を受け止め、福島の経験を活かしてくださった杉並区の皆さんに御礼を述べたいと思います。福島は被支援の対象としてだけでなく、新たなコミュニティ創造の推進的役割をも果たすことができることを、この活動を通してお伝えすることができました。

いつものようにホワイトサンドを協賛いただきました株式会社HARIO様、今回、砂のご提供をくださった株式会社ルナサンド様にも御礼申し上げます。

 

team FUKUSHIMA-SAND-STORY


「砂」 によって、ふくしまの復興促進と、

日本全国の子育ち・子育て環境を豊かにしていく Story を、

一緒に紡ぎ、語りませんか。

 

なぜ、「砂」なの?

「砂」で、そんなことができるの?

 

是非、この Story を、お読み下さい。

 

すぐに 「砂」 の魅力に引き込まれ、

「砂」に触れたくなるでしょう。

 

そして、ほら!

もう Story の 次の 1ページが開かれます。

 

 イラスト:Miho OTANI