「いわきプラージュ2016」をいわき駅前で開催

2016年7月8日~10日までの3日間、いわき市駅前にて 「いわきプラジュ2016」 を開催しました。

「プラージュ」 とは、フランス語で 「砂浜・ビーチ」 を意味する言葉で、パリでは毎年夏、セーヌ河畔に人工のプラージュが設けられ、

大勢の家族連れや観光客で賑わっています。

今回、私たちも初めて、この 「プラージュ」 の名称を用いての砂場事業を 「いわき鳴き砂を守る会」 の皆さんと共同開催しました。

いわき駅前のプラージュには大勢の方が足を止め、子どもたちも砂遊びを楽しみました。

昨年から応援をいただいている好間高校のフラガール 「ウイラニオーラパ」 の皆さんのフラ公演もあり、会場は楽しい雰囲気に包まれました。

「砂」 によって、ふくしまの復興促進と、

日本全国の子育ち・子育て環境を豊かにしていく Story を、

一緒に紡ぎ、語りませんか。

 

なぜ、「砂」なの?

「砂」で、そんなことができるの?

 

是非、この Story を、お読み下さい。

 

すぐに 「砂」 の魅力に引き込まれ、

「砂」に触れたくなるでしょう。

 

そして、ほら!

もう Story の 次の 1ページが開かれます。

 

 イラスト:Miho OTANI

 

team FUKUSHIMA-SAND-STORY