砂遊びの研修

なぜ、砂遊びが大事なのか

砂遊びの環境を、どうつくればいいのか

保護者も砂遊びの大切さを感じて一緒に遊ぶ

 

「こんな当たり前の遊びが、

どれほど大事かということを、

今回、皮肉にも初めてわかった!」

 

PEP Kids Koriyama での、あるお父さんの言葉です

 

子どもにとって、あまりにも当たり前過ぎる、砂場・砂遊び。

 

それが、一度喪失の危機にさらされたとき 

「決して失ってはいけない遊び」 と、直感的に感じたというのです。

 

今、日本中で、汚いからと敬遠されがちな砂遊び。

 

それが、ふくしまでは違ったのです。

 

 

どれほど大事か!

 

 


保育者も、改めて砂遊びの意味を問う

「屋内に砂場をつくろう!」、そう考えた保育者や教師、プレイリーダーたちも、改めて、砂遊びの意味を問い直しました。

  • なぜ、わざわざ屋内に砂場をつくるのか。
  • そもそも砂遊びによって、子どもたちの何を育てたいのか。
  • どのような砂場環境を整えることが大事なのか。
  • 保育者は、どのように子どもと関わることが求められるのか。

当たり前が、決して当たり前ではなくなったとき、貴重な学びが始まりました。


砂場の疑問を解くために、様々な研修会や講演会、砂遊びの ワークショップに取り組みました。

(下の写真は、郡山市私立幼稚園協会の先生方との研修の様子です)



砂遊びの理解とそのための環境づくりにおいて、全国で最も先進的な取り組みが今、福島県で進んでいます。

福島インドア砂場サミット

震災後、県内に次々につくられた屋内砂場。

 

その衛生管理や運用の仕方など、情報の共有を目的に開催されたのが、「福島インドア砂場サミット」 です。

 

2013年11月15日、福島市市民会館に県内各地の屋内砂場の関係者や遊具業者、設計・建築家、こども環境学会メンバー、行政担当者らが集まり、屋内砂場設置までの経緯や管理・運営方法等について、様々な角度から情報や意見を交換しました。

 

最後に、屋内砂場設置の重要性を訴える「呼びかけ文」 を採択、参加者全員で 「花は咲く」 を合唱して、会は終了しました。

 

 

報告書

(1)「インドア砂場報告集」(アンケートのまとめ) 2013年11月15日

(2)「福島インドア砂場サミット」 開催報告―福島県から発信するインドア砂場の可能性と今後の課題 現代社会フォーラム 第10号 21-37頁、同志社女子大学現代社会学会 2014年3月

 

*本サミットは、同志社女子大学、教育・研究推進センター助成事業として 開催されました。

感謝申し上げます。

 

  

福島県で開催した講演会・ワークショップ等

震災後、笠間が関わった主な福島県内での砂場関連の事業等は以下の通りです。(2011年ー2014年)

  • 2011/12/17 : 講演「子どもと砂場-砂遊びから見る子どもの成長・発達-」プレオープンセミナー、PEP Kids Koriyama (郡山市)、
  • 2011/12/23~12/25 : PEPにて、砂遊びワークショップ
  • 2012/3/11 : 講演「砂場のちから」、郡山市震災後子どもの心ケアプロジェクト1周年記念フォーラム2日目、郡山女子大学(郡山市)
  • 2012/9/9 : 講演「乳幼児期の砂遊び -砂遊びが育てる子どもの心と体-」福島市子育て支援推進事業 「子育て講演会」、こむこむ館(福島市)
  • 2013/3 /11 : 講演「保育の視点からみる子どもの砂遊び」とワークショップ 福島市公立保育園保育士研修会、福島市市民会館(福島市)、
  • 2013/4/13  : ワークショップ「親子でサンドアート」、福島学院大学附属幼稚園
  • 2013/7/6 : ワークショップ「プレイフル・サンドアート in 南相馬」、原ノ町聖愛保育園、(南相馬市)
  • 2013/8月 : 論文「被災地での砂場プロジェクト」(共著)『保健の科学』(杏林書院)第55巻第8号、
  • 2013/11/15 : 福島インドア砂場サミット、福島市市民会館(福島市)
  • 2014/4/30 : ワークショップ「プレイフル・サンドアート」郡山市私立幼稚園研修、大槻中央幼稚園(郡山市)
  • 2014/5/31-6/1 : プロデュース、こどもがまんなかフェスティバル「思いっきり夢砂遊び&親子遊び」(郡山市)
  • 2014/11/8 : 講演「乳幼児期の砂遊びとプレイリーダーの役割」PEP Kids Koriyama (郡山市)
  • 2014/11/21-22 : 講演「乳幼児期の砂遊び」とワークショップ「プレイフル・サンドアート」、保育指導者研修会/親子砂遊び、福島市さんどパーク(福島市)、他

team FUKUSHIMA-SAND-STORY


「砂」 によって、ふくしまの復興促進と、

日本全国の子育ち・子育て環境を豊かにしていく Story を、

一緒に紡ぎ、語りませんか。

 

なぜ、「砂」なの?

「砂」で、そんなことができるの?

 

是非、この Story を、お読み下さい。

 

すぐに 「砂」 の魅力に引き込まれ、

「砂」に触れたくなるでしょう。

 

そして、ほら!

もう Story の 次の 1ページが開かれます。

 

 イラスト:Miho OTANI