カテゴリ:イベント報告



07日 11月 2016
2016年11月6日(日)、東京都杉並区 「桃井原っぱ公園」 で開催された 「すぎなみフェスタ」 にて、福島SAND-STORYがデザインする 「つくって遊ぼうサンドアート」 が大好評を得ました。 この事業は、今後、杉並区が設置を予定している 「ビーチバレー・コート」...

09日 10月 2016
10月8日-9日の二日間、飯坂町の 「乙和公園(おとわこうえん)」 にて、「いいざかプラージュ2016」 を開催しました。 また、プラージュに先立って7日(金曜日)、地域の幼稚園と婦人部の皆さんの参加の下、乙和公園に常設することとなった砂場設置記念セレモニーを行いました。...

02日 10月 2016
福島市の 「じょーもぴあ」 で開催された福島市主催、NPO法人福島SAND-STORYのプロデュース協力事業、「サンドアートフェスティバル2016」 が、二日間とも好天に恵まれ、大盛況の内に終了しました。大きな砂場、ホワイトサンド砂場、佐田克裕さん・裕之さんご兄弟の砂像モニュメントが、来場された皆さんを大いに楽しませてくれました。

09日 8月 2016
2016年8月8日、「砂の遊びとアート」を基調とする幼児教育(保育)と小学校のスムーズな連携を図るための、幼稚園、保育所、小学校の教職員研修会を、札幌市のかっこう幼稚園のご協力を得て開催しました。...

10日 7月 2016
2016年7月8日~10日までの3日間、いわき市駅前にて 「いわきプラジュ2016」 を開催しました。 「プラージュ」 とは、フランス語で 「砂浜・ビーチ」 を意味する言葉で、パリでは毎年夏、セーヌ河畔に人工のプラージュが設けられ、 大勢の家族連れや観光客で賑わっています。 今回、私たちも初めて、この 「プラージュ」 の名称を用いての砂場事業を...

04日 3月 2016
2016年3月4日、福島市内ささやのぞみ保育園(並河智子園長先生)に、2立米の砂をお届けしました。 これは、昨年12月、福島 あぶくまライオンズクラブ様からのご支援によるものです。 あわせて、子どもたちや先生たちと、プレイフルサンドアートを楽しみました。

25日 7月 2015
7月25日、いわき市四倉海岸において、「いわき鳴き砂を守る会」主催によるビーチフェスティバルが開催され、200名を超す参加者が、四倉海水浴場の砂浜で、サンドアートを楽しみました。...

14日 5月 2015
2015年5月14日(木) 福島市の「さくら保育園」では、「こどもの日のつどい」として、プレイフルサンドアートに挑戦しました。 さくら保育園は、福島市内でも比較的、放射線量の高かった「渡利地区」にある保育園です。...

イラスト:Miho OTANI
イラスト:Miho OTANI

「砂」 によって、ふくしまの復興促進と、

日本全国の子育ち・子育て環境を豊かにしていく Story を、

一緒に紡ぎ、語りませんか。

 

なぜ、「砂」なの?

「砂」で、そんなことができるの?

 

是非、この Story を、お読み下さい。

 

すぐに 「砂」 の魅力に引き込まれ、

「砂」に触れたくなるでしょう。

 

そして、ほら!

もう Story の 次の 1ページが開かれます。

 

FUKUSHIMA-SAND-STORY